サラリーマン副業
  1. Top
  2. » キーワード選定ロングテール



SEO対策の王道 「キーワード選定」

せっかく、新しいウェブページを作ったとしても、検索エンジンが認識するまで、クローラーが来てくれるまで、検索結果には出ませんからね。
そんな中でも、一度、検索エンジンに「優良サイトである」と認識された場合は、関連したページがすべて、上位表示されやすくなるということがあります。
ですから、自社のサイトをユーザーに見やすく、わかりやすく作り、内容も充実させて、サイト自体を強くすることも大事です。

そして、ロングテール対策では、そのSEOとして、キーワードの選び方には慎重になるべきでしょう。
キーワードをどうするのか、それはロングテール対策での重要ポイントと言えます。
検索されないワードで設定しても意味がありません。
また、ライバルの少ないワードを設定することで、上位表示になる可能性が高まりますので、キーワード選びはしっかりと戦略を持って行ないましょう。
そして、サイトの更新はなるべく自分で出来るように、簡単なシステムを導入することも大切です。
その度に、ウェブサイト業者にお願いしていてはコストも大きくなりますので、サイト構築後、更新は自分達でできるようなツールがあると便利ですよね。
こうした、キーワード選出や、サイト更新の戦略など、しっかりと計画を立てて行なうことで、ロングテール対策も生きてくるのです。
現在では、ワードプレスなど、比較的、簡単なサイト制作ツールもありますので、使いやすいものを利用すると便利でしょう。


ロングテール対策とは、実際に売り上げる個数は少ないものの、それらが複数になれば、全体の売り上げの大きな部分を占めている部分に対策を練ることです。
売り上げを販売個数別にグラフにした場合、後ろのほうで長いしっぽのようになっている商品であっても、企業としては、とても大事な売り上げなのです。
そのロングテール部分に、どのような具体的対策を取るのか、それによって企業の収益にも深く関係してきます。
ウェブサイトで商品を販売している企業は、このロングテールの部分を、いかにマーケティングしていくかが決め手となるでしょう。
では、具体的に、ウェブサイトでは、どのようにしてサイトを作れば、良いロングテール対策となるのでしょうか。

それは、やはり、ロングテール部分に関係した、マイナーなキーワードを拾っていくという方法でしょう。
みなさんもご存知のように、通常の検索エンジン最適化では、多くの人が検索するワードを設定して、検索された結果、そのサイトが上位に入ることを狙います。
ですが、ロングテール対策では、だれもが検索するワードではなく、だれかしらが検索するワードを狙うということもポイントです。
だれかしらが検索するだろう言葉を設定しておく、それを複数、設定しておくことで、多方面からの検索ヒットを狙うことができます。
また、だれかしらが検索するようなマイナーな言葉ですから、検索結果に出るライバルページも少ないので、容易に上位へ入ることができるのです。




SEOに強い戦略的テンプレート
メニュー
カテゴリ
SEO対策の王道
複数の大手ポータルサイトに自分のサイトを登録してもらうサービス!
アクセスアップに!クロスレコメンド
複数の大手ポータルに一括登録
おすすめASP まずは無料登録しましょう
約130万サイトが利用しているA8.net

ウェブサイトで収入を得る!バリューコマースなら出来る!
サラリーマン副業