サラリーマン副業
  1. Top
  2. » ロングテール対策テクニック



ロングテール対策 基本的なテクニック

ロングテール対策では、SEOにおいて、基本的なテクニックがあります。
それは、タイトルタグで、キーワードを設定し、アクセス数を上げるということです。

タイトルタグは、サイトやコンテンツの見出しとなり、とても重要な部分ですから、そこにキーワードを組み込むことが大事です。
書籍のタイトルは、それを見て、書籍の内容をだいたい理解します。

タイトルを見れば、中身を想像して面白そうか、どうか判断できますし、購入するきっかけにもなります。
サイトのタイトルタグとは、そんな本のタイトルと同じような役目をしていますので、サイトに訪れる人が増えるかどうかも、タイトルタグによって違ってくると思います。

そして、たくさんのウェブサイトから、ユーザーに選んでもらうにはタイトルが重要なのです。
ですから、タイトルが曖昧なものですと、ユーザーどころか、検索エンジンも内容が予想できないと思います。

例えば、「3分で簡単、手料理」でしたら、おうちで3分あれば出来る料理の内容だとわかりますが、「今日のおかず」と言うタイトルでしたら、曖昧ですよね。
ですから、このようなタイトルタグをつけるのでしたら、「3分」と「簡単」と「手料理」のキーワードが重要になります。
こうしたわかりやすい対策を、ロングテール対策として、タイトルに設定していくことが、ユーザーからのアクセス数をあげるために必要なことなのです。
そして、サイトのタイトルは、30文字前後がよいと一般的なSEOでも言われています。


ロングテール対策では、それほど検索回数が多くないマイナーなキーワードを拾って、設定していくので、そこでも30文字以内にしていくと良いでしょう。
また、当然のことながら、タイトルにキーワードが入っていないと、そのキーワードについて、検索結果で上位を取るのは難しくなります。
これらを踏まえて、さらに、検索エンジンで探している人の立場になって考え、タイトルを見ただけで内容がわかるようにしておきたいですね。
タイトルで使うキーワードですが、マイナーでありながら、かつ、多少、検索している人がいる程度のワードが好ましいです。
まったく検索している人がいないと、アクセス数は伸びません。

例えば、家電などの商品でしたら、商品の名称だけでなく、型番などをタイトルタグに使っていくことも良いでしょう。
タイトルには、3個くらいのワードが設定できると一番よいので、例えば、冷蔵庫の場合、「省エネの冷蔵庫AAA111でエコ生活!」と言うタイトルにしてみたとします。
「省エネ」と「冷蔵庫」でヒットしますし、さらに「AAA111」という型番でもヒットするようになります。
こうしたタイトルのつけ方がロングテール対策になるのです。

ここで、ひとつ、やっても無意味又は逆効果なことは、タイトルタグに同じキーワードを繰り返すことです。
「省エネ省エネ省エネ」と入れて「省エネ」のキーワードで順位を上げたくても、こうした使い方はロングテール対策にもなりませんし、検索エンジン対策にも意味はありませんし、むしろスパム扱いされる可能性があり、逆効果になりかねないということです。



SEOに強い戦略的テンプレート
メニュー
カテゴリ
SEO対策の王道
複数の大手ポータルサイトに自分のサイトを登録してもらうサービス!
アクセスアップに!クロスレコメンド
複数の大手ポータルに一括登録
おすすめASP まずは無料登録しましょう
約130万サイトが利用しているA8.net

ウェブサイトで収入を得る!バリューコマースなら出来る!
サラリーマン副業