サラリーマン副業
  1. Top
  2. » 副業サラリーマン



ネット副業におけるロングテール対策とは

ウェブマーケティングの言葉で「ロングテール対策」という言葉があります。
一般の方ですと、あまり縁のない言葉だと思いますが、個人で販売などのビジネスをやっている方でしたら、ご存知の方も多いと思います。

「ロングテール」と言う言葉は、商品の売り上げに関する言葉です。
何かの販売店を営んでいると、どのお店にも、売り上げの多くを占めているヒット商品のようなものがあると思います。
その売り上げで、ほとんどの利益を占めているということだと思います。

しかしながら、中には、反対に販売している数が実際に少ない商品もあり、ヒット商品とは呼べないような商品もあるはずです。
その少ない個数の売り上げが、店舗、全体の売り上げのうち、大きな割合を占めていて、売り上げの対策について「無視できない」と言う法則をロングテールと呼んでいます。

ロングテールは、「長いしっぽ」という意味ですが、売り上げのグラフなどを見ると、販売個数の少ない商品たちの売り上げが、しっぽが長く伸びるようになっているからです。

マーケティングについて勉強した方ですと、ロングテール、またはロングテール対策について詳しいかもしれません。
マーケティングの分野においては、良く売れている商品が、全体の収益の大半を占めるということが多いようです。
これにはきちんと名前があり「パレートの法則」又は「80対20の法則」と呼ばれています。

「パレートの法則」は、マーケティングの基礎なので、ご存知の方も多いと思います。
例えば、特定の分野において、売り上げの上位に20パーセントに人気商品があるとしましょう。
すると、その人気商品は、その分野の全体において、80パーセントの売り上げを占めているというときは、反対に、下位の80パーセントの商品は、全体の売り上げの中で20パーセントしかないということになります。
ということで、売れ行きの良い上位、20パーセントの商品が、そのビジネスにとって肝となっているわけです。

限られたスペースで、在庫を置くような場合、上位20パーセントの商品を置いたほうが効率はよくなります。
そして、残りの80パーセントの商品は、保管場所をとるだけで、売り上げは芳しくないということになります。
利益を上げられない商品は、どうしても軽視されてしまうのですが、ネットショップなどの場合、この部分がロングテールとなり、軽視できない存在になっているケースもあります。
そこに対策を講じることが「ロングテール対策」なのです。
この部分こそ、ヒット商品と同じように対策をしていくことがロングテール対策で、トータルの売り上げをアップすることに繋がります。




SEOに強い戦略的テンプレート
メニュー
カテゴリ
SEO対策の王道
複数の大手ポータルサイトに自分のサイトを登録してもらうサービス!
アクセスアップに!クロスレコメンド
複数の大手ポータルに一括登録
おすすめASP まずは無料登録しましょう
約130万サイトが利用しているA8.net

ウェブサイトで収入を得る!バリューコマースなら出来る!
サラリーマン副業